ヒアルロン酸とコンドロイチンとは

昨今、健康食品や美容サプリメントなどでよく耳にする、ヒアルロン酸とコンドロイチンとは、どういう成分なのでしょうか。コンドロイチンはムコ多糖類で、ヒアルロン酸とは互いに関連がある物質です。加熱されるとゲル化する性質を持つ食物繊維の仲間でもあります。サプリメントに用いられるコンドロイチンは、ヒアルロン酸を原料としています。動物体内にはもともと存在する成分で、特に軟骨に豊富に含まれています。軟骨以外には、骨、靭帯、角膜、脳、血管、皮膚など多くの組織にもコンドロイチンは存在しています。コンドロイチンと同様、人体のあらゆる箇所に存在している保水成分がヒアルロン酸です。体内の保水が重要な部分にヒアルロン酸は多く存在しており、特に皮膚や関節、目の硝子体に高濃度のヒアルロン酸があります。年齢を重ねるとヒアルロン酸やコンドロイチンの体内量が減少し、身体は保水力を失っていきます。皮膚中のコンドロイチンやヒアルロン酸は、40歳頃から格段に減ってしまいます。体内の保水性は、ヒアルロン酸やコンドロイチンが相互に作用しあうことで強まっているところもあります。これから先も、コンドロイチン、ヒアルロン酸は健康補助食品などに配合されることでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*